頭を抱える女性

性病かもしれない

生理後や、ホルモンバランスの影響でおりものが臭うことがあります。しかし、対策をしてもひどくなるなら別の問題として性病が考えられるでしょう。実はこのパターンも非常に多く、気づかずに悪化させてしまう可能性もあります。おりものの臭いで感じる変化の場合は性病かどうかをチェックする必要があります。クラミジアは菌によっておりものや臭いを放つもっとも多い性病の一つになります。粘膜同士の接触で感染することもあれば、精液でも女性に感染します。最近は、喉頭への感染も認められており非常に感染力の強い菌だということがわかります。おりものが増えた・あるいは黄色おりものが常に出ている人はこれ以上悪化すると子宮内で炎症を起こしやがて不妊になることもあります。将来子供がほしい人は、産婦人科へ受診しましょう。おりものの臭いから、医師が診断をくだし適切な処置をしてくれます。

ストレスが多いと、体の免疫力も低下します。それを狙うかのように現れるのはカンジダ菌です。膣内で炎症を起こす病気で激しいかゆみと臭いのあるおりものを放出させます。場合によっては下着がぬれてしまうほどで、体調を崩す人も珍しくありません。この状態は、膣内を自身で洗浄する力が残っていないのでストレスを溜めない生活を心がける必要があるでしょう。症状はカッテージチーズのようなおりものになっており、強い臭いを放ちます。こちらも、クリニックで適切な治療をすればおりものの量や臭いも消えますので、かゆみなどなんらかの症状が出ている人は早急に受診しましょう。

Top